交通事故の法律相談窓口

subpage01

交通事故というのは誰でも巻き込まれる可能性のあるトラブルで、損害賠償をめぐる法律上の問題にも発展しかねないものといえます。



ただし、交通事故の場合には、事故の相手方にも何らかの落ち度がある場合が多いことに加えて、自動車保険とも密接に関わるため、業界慣行や過去の判例などにもとづく損害賠償金の相場がある程度定まっているという特徴があります。



このため、やみくもに相手方に損害賠償を求めて裁判を起こすというよりも、まずは交通事故に詳しい弁護士の法律相談を受けて戦略を練り、和解を含めた解決の可能性を探るのが得策といえます。



こうしたことから、ホームページなどで交通事故を得意分野としている弁護士の事務所に申し込みをして、直接に法律相談を受けてもよいですし、各都道府県にはほとんど交通事故相談所のような特別な部署がありますので、ここを通じて弁護士の意見を聞くというのもよいでしょう。



また、全国の弁護士会が所属している日本弁護士連合会でも、財団法人として交通事故相談センターを独立させて、こうした場合の対応に当たっていますので、このセンターで交通事故問題に特化した弁護士のアドバイスを受けるのも有効です。



なお、日弁連のセンターでは、直接面談のほかにも、全国共通のナビダイヤルによる無料電話相談を受け付けており、1回につき10分程度の軽微なことがらに限られてしまいますが、面会の前にちょっとした疑問について確認するのには役立ちます。



関連リンク

subpage02














原子力損害賠償と法律相談

平成23年3月に発生した東日本大震災では、東北の沿岸部を中心として甚大な被害がありましたが、これにともなう原子力発電所の事故では、放射性物質の拡散によって、居宅などの生活の場を奪われた人たちも多かったはずです。この事故に関連して、原子力損害賠償請求をしようとする場合には、原子力損害賠償・廃炉等支援機構や法テラスの制度を利用して、無料で法律相談を受けられる可能性があります。...

NEXT
subpage03














法律の絡む相談は専門家へ

ネット社会と言われて久しく、疑問に思ったことは検索すれば直ぐに答えらしきものが出てきます。しかし、気をつけなくてはいけないのが、素人判断というものです。...

NEXT